脱水症状時に起きる頭痛

デブな腹を測定する医者

高血圧やむくみ(浮腫)を改善し、心臓や腎臓にかかる負担を軽減するために処方されるラシックスには、ごくまれに副作用が生じる場合がありますが、その代表的なものが「脱水症状」です。

ラシックスは腎臓に働きかけて尿量を増加させ、体内の余分なナトリウムを排出させることによって、血圧を降下させるお薬です。
この薬は服用すると強い利尿作用によって尿の量や回数が増加するため、体内の水分がどんどん排出されます。
このため、処方時には毎日しっかりと水分補給するように指導されますが、忙しいと水分補給は忘れがちになるので、脱水症状を引き起こしやすいのです。

脱水症状になると体内の水分量が減少するので、まずは喉の渇きや唇の乾燥といった症状が起こりますが、体の水分が少なくなると次第に血液が濃くなっていくので、体内の血液循環が滞ります。
頭部は脳のある大事な器官なので、人間は頭の血管を急激に拡張して血流量を増やそうとしますが、突然拡張された血管は周囲の神経を刺激するため、頭痛が起こるというわけです。

一般に、脱水症状で頭痛が起こるのは体内から水分が体重の4~6%程度失われたときで、その後、めまいや尿量の減少が起こり、体重の約10%失われると痙攣などの深刻な症状があらわれはじめ、命の危機に晒されます。

このように、脱水症状時に起きる頭痛は命の危険を知らせるシグナルといえるので、ラシックスを服用していて喉の渇きと頭痛が一緒に起こっている場合には、早急な水分補給が大切です。
特に、汗を大量にかくことが多い夏場は、脱水症状になるリスクが高まるので、外出時には水筒にスポーツドリンクを入れて持ち歩くなど工夫してこまめに水分補給をしましょう。

なお、夏場は冷たい飲み物にしがちですが冷たい飲み物は吸収されにくいので、できるだけ常温に戻した飲み物で水分補給することをお勧めします。

サイト内検索
人気記事一覧