• ホーム
  • 脱水症状が起きた時の対処法

脱水症状が起きた時の対処法

寂しい太った男性

ラシックスを急激に飲むと利尿効果が高くなりすぎるために体の中の水分が失われ、脱水症状になってしまうこともあります。
もしもそうなった場合にはどうすればいいのでしょうか。
単純に水分が少ないなら水を飲めばいいと思うかもしれませんが、それはしてはいけません。

経口補水液が販売されている場合にはそれを飲むようにしてください。
ただしこれがまだ脱水症状がそれほどひどくない場合です。
酷い場合にはまず病院に言うようにしてください。

重篤な場合には点滴をしてもらうことになります。
もうフラフラになって歩けない場合には救急車も呼ぶのがいいでしょう。

しかしこのような症状はある程度予測できることです。
脱水にならないように医師は必ず初めての患者さんには少量から処方します。
そして様子を見て少しずつ増やしていくのです。

またラシックスを飲んでいる間はできるだけ水分を飲むようにと言われます。
薬を飲むときにも必ずコップ一杯の水を飲まなければいけません。

普通の薬でしたら薬を飲むのに必要な水分だけでいいのですが、ラシックスは必要以上に飲むのです。
これに気を付けていれば脱水症状が出ることはないでしょう。

ラシックスはむくみを取ることを前提にした治療薬です。
もしもむくみの解消よりも重篤な副作用が出ると思われる場合には使用を取りやめられることがあります。
また脱水症状が出た場合にはすぐに薬の使用を取りやめてください。
一日何回飲むことを決められているかと思いますが、問題が出てもまだきっちりと飲む必要はありません。
そして救急車で運ばれる病院がいつものかかりつけでない場合には飲んでいるラシックスを持って行くようにしましょう。
そうすれば医師が適切に判断してくれます。

サイト内検索
人気記事一覧